会長のあいさつ

校友会会員の皆様には益々のご清祥のこととお喜び申し上げます。
平素より校友会活動に格別のご理解、ご協力、ご尽力を賜りまして、役員一同心より感謝申し上げます。


大学理学療法部会は、卒業生および入学生の数も増え、会員数も多くなってきております。私は大学理学療法部会の会長を務めさせていただき、早いもので6年目になります。これからも会員の先生方に、学術研修会や総会にこれからも参加していただけるよう働きかけ、交流を深めていき校友会を盛り上げていけるよう努力していきたいと思います。


先日、高校生にリハビリテーションに関する仕事の魅力を伝える機会がありました。その中で、「我々理学療法士が理学療法を実施し、患者さんの身体機能が回復していくことは、1番の喜びであること」、「患者さんにとって怪我や病気で損なわれた身体機能を取り戻すことは、その後の人生にも関わる問題であり、理学療法士は責任が重く、しかし、それだけ患者さんや家族の方から頼りにされる存在でもあること」「人の役に立ちたいという気持ちが強く、誰かを支えることにやりがいを感じる人にとっては、充実感を得られる仕事であるとこと」を伝えました。

私自身、臨床現場に出たばかりの頃は、患者さんと上手くコミュニケーションが取れませんでしたが、様々な患者さんと接し、様々な経験をする中で知識や技術が深まり、少しづつ自分に自信も生まれてきました。また、日々スキルアップしていく実感が味わえ、自分が成長するにつれて、多くの患者さんの笑顔に出会えていると思います。これこそが、私自身が実感している理学療法士の仕事の大きな魅力です。


実際の臨床現場に出ると様々な疑問や「これでいいのか?」と不安を感じることもあるかと思います。大学理学療法部会では、校友会行事を通して会員が先輩後輩関係なく交流し、治せるセラピストへとスキルアップしていける場としてサポート出来るようにこれからも努力していきたいと思います。


最後になりましたが、皆様方の益々のご健勝、ご多幸をお祈り申し上げて挨拶とさせて頂きます。

2016(平成28)年10月吉日
関西医療学園校友会 大学理学療法部会
会長  西村 健

お問い合わせ先

関西医療大学校友会          大学理学療法学部会 〒590-0482
大阪府泉南郡熊取町若葉2-11-1
06-6699-6030
kuhs.koyukai@gmail.com